2011年06月14日

『心やすらぐ人』

秋保なのに…。日光!!(笑)

ご近所の方から電話を頂き、
早速、カメラ片手に行ってまいりました。



今、秋保の里山はニッコウキスゲ(日光黄菅)が満開です。



ニッコウキスゲ(日光黄菅)は、ゼンテイカ(禅庭花)と呼ばれ
ユリ科ワスレグサ属の多年草。

学名のヘメロカリスは、1日だけの美しさという意味で、
朝開いた花は夕刻はしぼんで終わりとなることによる。
ただ次々と咲くので群落全体としての花期は長い。



植物名はもともとゼンテイカだったが、花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ているため、
日光に多いことから登山者がニッコウキスゲと呼び始め、全国に広まった。
ただし、日光地方の固有種というわけではなく、草原、湿原を代表する花で、
日本各地に普通に分布している。 花期は6月上旬から8月上旬。 



ニッコウキスゲの花言葉は 「心やすらぐ人」「君いませば心なごむ」 「日々新たに」



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『心やすらぐ人』
    コメント(0)